myaanぶろぐ。





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

がん緩和ケア情報サイト『がんの痛みネット』 :: 2008/07/12(Sat)


おはようございます。
今回はがん緩和ケア情報サイト『がんの痛みネット』について、お送りします。

世の中にはいろいろな病気がありますが、
わたしにとって「がん」という病気は、特に意味を持つ病気です。

というのも、「がん」のために亡くなっていった身内が多いからなんです。
ですから、少し前から耳にする「がん緩和ケア」には、とても関心があるんですね。

そのがんの緩和ケアというものがどんなものなのかを、
がん緩和ケア情報サイト『がんの痛みネット』で見てみようと思います。

暖かい黄色のひまわりの写真の上に「がんの痛みネット」と書かれてあり、
とても優しい雰囲気のサイトです。

ですが、わたしは、この「がんの痛み」という文字を見ただけで、
胸が締め付けられる思いがしてしまうんです。

がんの痛みはひどい…そういう話をたくさん聞いてきているせいかもしれません。

わたしは以前から「がん緩和ケア」は必要だと思っています。

なぜならもし自分ががんになったとしたら、緩和ケアをして欲しいと思うからです。
ひどいといわれるがんの痛みを、我慢したくはないです。

でも、中には緩和ケアというものに不安を感じる人もいるでしょう。
痛み治療に使われる鎮痛薬とはどんなものなのか。
例えばモルヒネなどを使っても大丈夫なのか…など。

このサイトでは、そんな疑問・不安などについても、丁寧に説明されています。

緩和ケアとは、患者さんのからだや心のさまざまな“苦痛”を取り除き、
QOL(Quality Of Life=人がより人間らしく生きていくこと)を高めていく医療」とのこと。

痛みを感じているのは、患者さん本人なのですから、当事者である患者さんが、
真に望む治療を行って欲しいと、切実に願っています。

  1. 情報
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<朴葉ずし | top | ぼーっとした顔がハッキリするかも~?>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://myaan822.blog50.fc2.com/tb.php/94-e18644c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。